学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]不動パイレーツ惜敗

茎崎ファイターズ−不動パイレーツ 3回裏不動パイレーツ1死二、三塁、中沢隆将選手の左翼線二塁打で三走・鎮目幸大選手(中)と二走・池田稜選手(右)が生還=22日、神宮球場で

写真

 大会常連が地力を発揮−。高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)で二十二日に東京・神宮球場であった準決勝。13回出場で前回王者の多賀少年野球クラブ(滋賀)と、8回出場の茎崎ファイターズ(茨城)が、ともに2回目の出場で初めて4強に進出した豊上ジュニアーズ(千葉)と、不動パイレーツ(東京第1)をそれぞれ破り、勝負強さを見せた。

 ▽準決勝

多賀少年野球クラブ(滋賀)

0401041|10

0000000|0

豊上ジュニアーズ(千葉)

(多)藤内、辻−坊野

(豊)前田、金子、田中−森岡

▽二塁打 辻(多)

茎崎ファイターズ(茨城)

1120102|7

1120000|4

不動パイレーツ(東京第1)

(茎)田中、桜井−中村

(不)池田、吉岡−阿部

▽二塁打 橋本、中沢(不)

 

この記事を印刷する

PR情報