東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 東京マラソン > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【イベント情報】

公式ホームページ

女子トップ一山 33秒差でMGC逃す

日本女子トップの7位でゴールした一山麻緒(中)

写真

 風雨に耐えて40キロを通過した時点で、MGCに進める2時間24分以内まで残り7分28秒。女子の一山は時計を見て、「ぎりぎりだなと。そこで初めてタイムを意識した」という。力を振り絞ってゴールを目指したが、MGCの切符には33秒及ばなかった。

 昨季の日本選手権1万メートルで5位に入るなど、トラックは国内トップクラス。自信を持って初マラソンに挑んだ21歳に、天候は味方してくれなかった。日本選手で唯一、28キロすぎまで先頭集団に食い下がるのが精いっぱい。その後は寒さで「走っている感覚がなかった」と振り返った。

 MGCに進むには、国際陸連公認の2レース平均で2時間28分以内の条件を満たすしかなくなった。期限は4月30日。短いスパンで臨む次の海外レースで、「絶対にMGCを取りたい」と自らに課した。 (佐藤航)

 

この記事を印刷する