東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 東京マラソン > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【イベント情報】

公式ホームページ

バギーランで家族ハッピー 中央区・浅川さん 初挑戦&完走

完走した浅川さんと娘たち。普段は専用ベビーカーを使って走るバギーランで練習している=千代田区で

写真

 冷たい春の雨に見舞われた三日の東京マラソン。三万八千人の市民ランナーらは、雨をはね返すかのように、それぞれのスタイル、思いを胸に、都心を駆け抜けた。沿道の観衆からは熱い声援が飛び、多くのボランティアも来年に迫った東京五輪・パラリンピックの本番さながらに活躍した。

      ◇

 中央区の会社員浅川毅郎(たけお)さん(36)は、初挑戦のフルマラソンを三時間三十六分十九秒(速報値)で走りきり、「世界中のランナーたちと走れて楽しかった」とレースを振り返った。練習ではランニング専用のベビーカーを使って走る「バギーラン」で鍛えてきた。

 出産後のリフレッシュや運動不足の解消になると米国などで楽しまれているバギーラン。陸上部出身の浅川さんは留学先のボストンで見かけて興味を持った。

 長女薫ちゃん(4つ)が生後半年になった頃、夜泣きで寝不足だった妻に熟睡できる時間をつくろうと、バギーランを始めた。休日の朝に一時間半。娘が言葉を覚えてからは走りながら会話できるようになり、「父子のコミュニケーションの場になっている」と喜ぶ。

 専用ベビーカーは、通常よりも大きなタイヤや振動を吸収するサスペンションがついているため、段差で転びにくい。三輪のうち前輪の向きが固定されていることも、走行を安定させる仕組みだという。

 練習の“相棒”は一歳半の次女葵ちゃんに引き継がれ、一家のお出かけで車を使う機会は減った。十キロ圏ならバギーランと、妻が長女を自転車に乗せて目的地まで。浅川さんは「家族全員がハッピーになれる。日本でも広まれば」と期待している。 (加藤健太)

 

この記事を印刷する