東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 東京マラソン > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【イベント情報】

公式ホームページ

堀尾、学生初MGC 初マラソンで2時間11分切り

日本男子トップの5位に入った堀尾謙介=東京都千代田区で(潟沼義樹撮影)

写真

 新星が東京五輪への挑戦権を獲得した。今大会が初マラソンだった堀尾謙介(22)=中大=が2時間10分21秒の全体5位で日本人トップ。2時間11分以内の条件をクリアし、9月15日に行われる東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の出場権を学生では初めて獲得した。2時間4分48秒のビルハヌ・レゲセ(24)=エチオピア=が優勝。日本記録保持者の大迫傑(27)=ナイキ=は29キロ付近で途中棄権した。

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する