東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 東京マラソン > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【イベント情報】

公式ホームページ

設楽「5分台なら五輪辞退」 「目標2時間4分台」東京マラソンへ覚悟

練習を公開した男子マラソンの設楽悠太(右)。左は双子の兄啓太

写真

 男子マラソンの前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)が23日、合宿先の宮崎市で取材に応じた。東京五輪代表の残り1枠を争う3月1日の東京マラソンに向け「2時間4分台で走らないと五輪で走る資格はない。2時間5分台で日本記録を出しても辞退すると思う」と持論を語った。

 所属の小川智監督は「そう(代表辞退)はいかないと思う。話していきたい」と驚きの表情を浮かべ、「それだけ上を目指しているということ」と決意の表れと強調した。

 東京、びわ湖毎日のいずれかで2時間5分50秒の日本記録を上回った最速選手が東京五輪の出場権を得る。設楽は「自分より暑さに強い選手は他にたくさんいる。4分台を出せれば世界と勝負できるが、自分は夏より冬に勝負できたらいい」と発言の意図を説明した。

 また、東京マラソンが「国内で走る最後のマラソンになると思う」と話し、「日本のレベルを上げるためにも、今後は海外のレースに挑戦していく」と覚悟をにじませた。

 

この記事を印刷する