東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 東京マラソン > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【イベント情報】

公式ホームページ

東京マラソン 新型肺炎拡大で一般枠中止 五輪選考は実施

 東京マラソン財団は十七日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、三月一日に開催される東京マラソンで一般参加者の出場を全面的に取りやめることを発表した。十キロの部と「東京マラソンEXPO」などの関連イベントも中止する。

 本紙の取材に対し、財団は「感染症対策等の準備を進めてきたが、東京都内において複数の感染者が確認される中、多くの一般ランナーが参加する大会を実施することは困難との結論に達した」とコメントした。

 東京マラソンは国内最大規模のレースで一般ランナー約三万八千人がエントリーしていた。来年の大会の出場権を与えるが、現時点では参加料の国内ランナー一万六千二百円、海外ランナー一万八千二百円、チャリティー寄付金はエントリー規約に基づき、返金せず、来年も別途参加料が必要になるとしている。ただ参加料の取り扱いについては、今後さらに検討する方針。

 東京五輪の男子代表選考レースの一大会にもなっており、男子、女子、車いすの部を含め、エリートレースは実施される。日本記録を持つ大迫傑選手(ナイキ)、前日本記録保持者の設楽悠太選手(ホンダ)らマラソンで百七十六人、車いすの部で三十人が発表されている。

 これまで財団は出場資格を持つ中国在住の千八百二十人のランナーに対して参加自粛を呼び掛けていた。また、参加者へのマスクや除菌作用のあるウエットティッシュの配布、各地点での消毒液の配備など、対策をして開催する予定だった。だが、事態が深刻さを増す中、大会約二週間前に異例の決断となった。

 

この記事を印刷する