東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 東京マラソン > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【イベント情報】

公式ホームページ

東京マラソン一般参加中止 小池都知事「申し訳ない」 参加料、寄付金は返金なし

昨年の東京マラソンで都庁前をスタートするランナーたち=3月3日、東京都新宿区で(朝倉豊撮影)

写真

 3月1日に行われる東京マラソンの主催者は17日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今年の大会を一般ランナー抜きで実施すると発表した。車いすの部を含め、招待選手らエリートランナー約200人で争う。参加予定だった一般ランナーには来年の大会の出場権を与えるが、規約に基づいて参加料や寄付金は返金しない。来年の参加料も別途必要。

 共催する東京都の小池百合子知事は「当選して喜んだ一般の方々には申し訳ないが、縮小もやむを得ない」と述べた。大会は東京マラソン財団が主催している。

 レースは残り1枠の東京五輪男子代表の選考会を兼ねており、日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)や前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)らが出場予定。エリート選手としてマラソンで176人、車いすの部で30人が発表されている。東京マラソンは2007年にトップ選手と市民ランナーが同時に走る日本初の都市型マラソンとして始まった。国内最大規模で、今年は約3万8000人が参加予定だった。今回の国内からのマラソン出場料は1万6200円。約1万1000人が参加予定だったボランティアも縮小する見通し。

 ウイルス感染への懸念が強まる中、既に出場資格を持つ中国在住者に対しては来年の大会の出場権を与えて参加自粛を呼び掛けていた。消毒液の配備やマスク配布などの対策を講じて開催する方向だったが、国内でも感染者が相次ぎ決断した。

 今後、沿道での観戦も控えるよう呼び掛ける方針。中国在住者向けに発表した来年の参加料免除は、見直す可能性があるという。

東京マラソンのエントリー規約の9番目に記された疫病等の場合返金しない旨が記された文言

写真

◆「ショック」「仕方がない」参加予定だったランナーの反応

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京マラソンが一般ランナー抜きで開催されることが17日、決まった。「ショック」「仕方がない」。本番まで2週間を切った時期での決定に、トレーニングを続けてきた参加予定者たちは落胆しつつも、運営側の判断に理解を示した。

 3時間40分切りを目指していた東京都中央区の税理士大橋みどりさん(60)は「気合が入っていたのに、出場できなくなって大ショック」とうなだれた。週末に20キロの走り込みを続けていた江戸川区の会社経営鮒子田篤さん(48)は「スタート地点ではランナーが密集する。もしも東京マラソンで感染が拡大すれば、五輪にも影響するかもしれないし…」と判断を評価した。

 主催する東京マラソン財団は、今大会の参加予定者について、別途参加料を支払えば、来年の大会への出場を認めると発表した。名古屋市千種区の三ツ矢優子さん(54)は「走れることに変わりはない。楽しみが1年延びたと思うしかない」と気持ちを切り替えていた。

<東京マラソン> トップ選手、市民が一体となって走る国内最大規模のマラソン。従来の東京国際マラソンなどを統合する形で2007年に始まった。13年から世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」の一つとなり、世界六大レースとして認知されている。東京都庁前をスタートし、17年からは東京駅前にゴールするコースで争われている。昨年は33万人超が申し込み、約3万8000人が参加した。

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する