東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > えりのあ とちぎ元気アップ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【えりのあ とちぎ元気アップ】

保育園の運動会 まさかの「俊足」で1位

写真

 よちよち歩きだった長女にこちゃんも、二日の誕生日で二歳になります。

 九月に初めて、保育園の運動会に参加しました。前日の雨でグラウンドがぬれ、体育館で行われました。

 最初は、年長さんの鼓笛隊です。園児の見事な演奏に感動です。

 各競技に移る前に、園児全員と踊る「とちまるくん体操」が始まります。

 とちまるくん体操は、にこちゃんママである私が、作詞作曲と振り付けを担当しているため、恥ずかしながら私も前に出て、園児たちと一緒に歌って踊りましたよ。

 そしていよいよ、年少さんたちの種目「かけっこ」や「はじめてのおつかい」の始まりです。

 にこちゃんは、スタート前に名前が呼ばれると、大きな声で「はい!」と返事をし「よーいどん」の合図で走りだします。

 にこちゃんの走る姿を見るまで、正直パパやママは、にこちゃんは走るのは苦手ではないかと思い込んでいましたが、予想外の一位でのゴールに驚きました。

 シャボン玉を追いかける競技「ふわふわシャボン玉」では、先生たちが手作りしたカエルやミツバチなどの衣装を着て、走り回る子どもたちの姿はかわいらしく癒やされましたね。

 親として運動会に参加するまでは、子どもを思う親の気持ちはわかりませんでした。自分が思春期のころ、親に「運動会、見に来なくていいよ」と言ったことを反省しつつ、当時、反抗期の私を温かく見守ってくれていた両親に感謝の気持ちですね。

 親として参加した今回の運動会では、パパも一生懸命にビデオや写真を撮り、にこちゃんやママをサポートしてくれました。

 よちよち歩きだったにこちゃんが、いつの間にか走れるようになっていることに、目がウルウルしてしまいました。先生たちも仮装し、運動会を盛り上げました。

 にこちゃんは、年長や年中さんに声をかけてもらい、いつの間にか友だちも増え、成長を感じることができた運動会でした。

 家に戻り、参加賞でもらった袋を開けてみると、にこちゃんが大好きなジュースやメダル、ボール、ラーメン丼などが入っていました。それを見るなり大喜びし、運動会以上に興奮しているにこちゃんでした。(シンガーソングライター)

 

この記事を印刷する

PR情報