東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 連載小説「本心」 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【連載小説「本心」】

本心<62>

写真

第五章 “死の一瞬前”

「私だって、然(しか)るべき時が来たら、安楽死しますよ。そういう共感があるから、携われる仕事でもあるな。その時にはね、当然、子供に財産を遺(のこ)すことを考えますよ。よく考えてごらん、一度、まっさらな気持ちで。そのお金でね、うちの娘が、少しでも楽に暮らしていけることを想像したら、それは親としては幸福なんだよ。自分の介護費に使われるより、よほどね。」

「先生は、裕福だから、心から『もう十分』と言えるんですよ。母は全然、違うじゃないですか。」

「医者も、もう裕福じゃないぞ。」

 と富田は、少し身を乗り出して、芝居じみた苦笑をした。

「親が子を思う気持ちは、一緒。――あなたも辛(つら)いだろうけどね、お母さんの気持ちになってよく考えてみたらどう? あなたという息子のことをとても愛している。そうだな。けれど、子供の将来を危ぶんでる。自分は、『もう十分生きた』と感じている。――ねえ? お母さんは、立派だな。私はね、あなたがその考えを、深く感謝しながら受け止めて、その代わりに、お母さんの最期を、しっかり手を握って、ベッドの側(そば)で看取(みと)ってあげた方が、どれほどお母さんにとっても幸せだったかと思うよ。――いや、待って。“死の一瞬前”っていうのは、人生で一度だけの、絶対に取り返しのつかない時間だ。その時に感じ、思うことが、この世界で人間として出来る最後のことだな。それをどうしたいかを決める権利は、絶対に個人にありますよ。私は、そう思う。もう一度、言っておきますが、お母さんに安楽死を勧めたことは決してない。いいね? けれども、私がこんな、しなくてもいい安楽死の認可なんて仕事を引き受けているのは、その私の思想のためだ。それで理解できるかな?」

 僕は、反論しようとしていたはずだったが、急に擡(もた)げていた首から力が抜けてしまった。母が“死の一瞬前”に、僕と一緒の時の自分でいられなかったのは、事実だった。そしてそれを、母の内側から追体験する想像は、僕を打ちのめした。

 それでも最後に、僕はこれだけは言うことが出来た。

「その考えが理解できないわけではないです。――わかりますけど、それにしたって、母はまだ七十歳だったんですよ? 早すぎるじゃないですか。……」

(平野啓一郎・作、菅実花・画)

※転載、複製を禁じます。

 

この記事を印刷する

PR情報