東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎ 心の健康便 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎ こころの健康便】

公共の場で騒ぐ子ども…どうすれば 優しく声かけ、親もねぎらって

 新幹線や飛行機で、騒いでいる幼い子どもに出会うことはありますよね。うるさいと感じるかそうでないか、うるさいと感じても口に出して何らかの行動に移すかは、人それぞれでしょう。ただ、傍らにいる親が忍耐強く見守る方針なのか、何もせず自然に静まるのを待っているのを見ると「公共の場でのしつけを放棄している」「他人の迷惑を考えていない」と、イライラを募らせる人も少なくないようです。このような時に、波風立てずに静かにしてもらうためには、どのように振る舞ったら良いでしょうか。水島先生に聞きました。

 昔は多くの人が子どもの扱いに慣れていて、公共の場での迷惑行為についても直接子どもを指導できたものですが、少子化に伴い、子どもとの接し方がわからない人も増えています。

 また、子どもが地域で育てられていたころとは異なり、親は孤立した子育てをしていることが多く、子どもが注意されると親の育て方を否定されたように感じて怒りだす、ということもあちこちで見聞きします。

 私は、あるべき方向はやはり「地域での子育て」だと思っています。現在の親は孤立や、ネットなどによる情報過多のため、かなり厳しい状況に立たされています。

 子どもは本来不規則な行動をするものですし、公共の場でついはしゃいでしまうなどは天性とも言えるものですね。じっと静かにしている子の方に時々心配を感じたりします。

 子どもの不作法は子どもらしいもの、として、もちろんそれを放置すればよいということではありません。

 子どもに直接、「新幹線に乗ってうれしいのね。でもね、ちょっとおねんねしたいからいい子にしてくれるかな」「おばちゃん、年をとっているから、大きい声で疲れちゃうの。ごめんね」と優しく話しかけてみてください。同時に、親にも、「お子さんがこのくらいの時期は本当に苦労が多いですよね」とねぎらってあげてください。

 子育ての結果を否定されたと感じる時の親は、相手を敵のように感じてしまうものですが、ねぎらってもらえば、敵にも見えなくなります。

 子どもの態度が改善したら「すごい、できたわね」とほめてあげること。そして親にも、「いいお子さんですね」とほめてあげること。親はとりあえず安心するはずです。(精神科医・水島広子)

 

この記事を印刷する

PR情報