東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > サバメシ 備えあればうまし

ここから本文

【特集・連載】

サバメシ 備えあればうまし

 災害を生き抜くには栄養のある食事が必要。でも、電気やガス、水道が使えない状況で満足のいく料理を作るのは難しい。そんな時に役立つのが、手持ちの食材で簡単においしくできる「サバイバルメシ(サバメシ)」。災害食専門員で管理栄養士の今泉マユ子さん=写真=に教わりながら、毎月1回紹介します。

写真

 非常食が役立つのは災害時に限らない。病気やけがで動けない時や、新型コロナウイルスなどの感染症拡大で外出が制限された時も、日ごろから備蓄しておけば安心だ。管理栄養士の今泉マユ子さん(50)は「食べ慣れていて、保存の利くものを少し多めに買い置きしておく」と話す。(2020年4月4日) [→記事全文へ]

 

PR情報