東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 鉄学しましょ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【鉄学しましょ】

線路とばす 古今亭駒治さん

写真

 「ゆとりーとライン」は、名古屋市の大曽根から愛知県春日井市の高蔵寺を結ぶバスです。鉄学でバスの話題!? と思うでしょうが、このゆとりーとラインは軌道法に準拠して営業する鉄道の仲間なのです。

 市街地では渋滞を避けるため他の車が入れない専用の高架軌道を、郊外では一般道を走行します。鉄道とバスのいいとこどりです。高架上にはタイヤを挟むようにガイドレールがあり、ハンドル操作は不要。しかし、鉄道駅のような立派な高架駅(停留所)で待っていると、やってくるのは普通の路線バス。そのギャップも魅力です。

 大曽根駅の隣は「ナゴヤドーム前矢田(やだ)」=写真=という前駅で、地下鉄名城線にも同じ駅があります。名古屋での仕事のついでにどちらがドームに近いか調査する計画でしたが、アイドルグループの嵐のコンサートと重なり、大混雑のため断念しました。

 以前、ゆとりーとラインの駅から歩いた感じでは6分ほど。その時は野球を見るため青春18きっぷ片手に東京から鈍行で行ったのに、満員で入れませんでした。中日−ヤクルト戦だからガラガラだろうと高をくくっていたら、たまたま山本昌投手の登板日でした。ナゴヤドームを訪れるたびに、人気者の力を見せつけられる駒治です。

 

この記事を印刷する

PR情報