東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 鉄学しましょ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【鉄学しましょ】

銅像造るなら どうぞ 古今亭駒治さん

写真

 北海道を旅してきました。日本最北端の駅の稚内からバスに乗り、同じく最北端の地、宗谷岬に向かいます。道中、最北端の空港や最北端の中学校、最北端のおじいさんなどを見ました。

 真冬の宗谷岬は海から吹きつける強く冷たい風で、何分も外にいられません。そんな寒さの中、背筋を伸ばしてはるかサハリンを指さす間宮林蔵の銅像に熱いものが込み上げます。しかしその熱もすぐに冷えてしまい、ちょうど来た帰りのバスに逃げ込みました。

 最北端の前駅にも出合いました。札幌市営地下鉄の「東区役所前」=写真。最北だというのに東区、しかも札幌市内という、拍子抜けする最北端です。ここを最北端だと言ったら、宗谷岬が怒るかも。

 残念ながら、道行く人たちはこの事実をまるで知らないようです。改札から区役所まで地下通路経由で3分20秒ほど、距離は約220メートル。私の活動によって最北端の前駅と知られるようになれば、東区役所前を最初に測量した人物(ロードメジャーで距離を測っただけですが)として、いつか駒治像が造られるかもしれません。でも寒がりなので、屋外ではなく改札の辺りに建ててほしいです。銅像目指して頑張るぞ!

 

この記事を印刷する

PR情報