東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 鉄学しましょ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【鉄学しましょ】

世は歌に連れ 土屋武之さん

写真

 1899年に開業した京浜急行の大師線は、同社最初の路線であり、関東で初めて電車での運転を行った鉄道でもある。ただしルート変更や駅の新設、廃止、改称がたびたび繰り返されており、当初の名残はほとんどない。

 例えば「港町(みなとちょう)」。32年の設置当時の駅名は「コロムビア前」で、レコード工場の前に位置していた。その前は29年から2年間限定の臨時駅「河川事務所前」が近くに設けられ、さらにそれ以前は28年に線路が移設されるまで久根崎駅が付近にあった。この駅も開業時は発電所前と称していた。

 57年にリリースされた美空ひばりの「港町(みなとまち)十三番地」は、港町駅周辺が歌詞の舞台の一つとされている。日本コロムビアは彼女が所属していた会社だ。港町への改称は44年だが、事実上の新駅として現在地へ約300メートル移設されたのが56年。作詞の石本美由起の念頭に、これはあったのだろうか。

 今の港町駅=写真=では、港町十三番地が電車接近メロディーとして流れ、楽譜が飾られ、歌碑もある。「音楽のまち・かわさき」にふさわしい事業として、2013年に整えられたものである。

 

この記事を印刷する

PR情報