東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 鉄学しましょ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【鉄学しましょ】

高座 しくじる前に 古今亭駒治さん

写真

 以前取り上げた京浜急行の「花月園前」が、「花月総持寺」に駅名が変わることが発表されました。遊園地から競輪場になった花月園はもうないので仕方がありませんが、せめて「総持寺前」にしてくれれば! 阪急京都線の「総持寺」との混同を避けたのかもしれません。

 それ以上にショックだったのが昨年、長崎電気軌道=写真=に8つあった前駅のうち6つで、「大学病院前」が「大学病院」に変わるなど「前」が外されたことです。読者の方が寄席で教えてくれたのですが、直後の高座では落胆のあまり落語をかみまくってしまいました。

 今まで「前」は近さを強調する「very」のようなものと思っていましたが、最近の感覚では、「前」を付けず施設名のみの方が、近さをより感じさせるということでしょうか。そういえば、これはバスの話ですが、川崎市市民ミュージアムに行った時、ミュージアムから少し離れた道路沿いのバス停が「市民ミュージアム前」で、ミュージアム玄関前は「市民ミュージアム」でした。

 難問が持ち上がりました。今後は前駅の他に、施設名のみの駅も調査しなくてはならないようです。弱ったなあ。これ以上楽しみが増えたら、落語をやってる暇がなくなる!

 

この記事を印刷する

PR情報