東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 鉄学しましょ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【鉄学しましょ】

寒天と光秀と 村井美樹さん

写真

 明知鉄道は岐阜県の恵那駅−明智駅を結ぶローカル線です。この夏、母方の親戚一同で明知鉄道の食堂車「寒天列車」に乗ってきました。

 車両は明智光秀をイメージした勇ましいデザイン=写真(上)。沿線の明智町は光秀生誕の地と伝えられ(諸説あり)、来年の大河ドラマの舞台ということで、盛り上がっているみたいですね。

 車内のロングシートには長机が設置され、大きな三段のお重がズラリ。その横に木製の天突きも。まずは天突きで前菜のところてんを押し出してツルツルといただきます。お重には、沿線の山岡町の名物・細寒天を使ったお料理がぎっしり! のり巻きや茶巾絞り、水ようかんなど、多彩な寒天メニューに驚きながら、おいしく味わいました=同(下)。

 食事の合間に「日本一の農村景観」に選ばれた田園風景や、緑のトンネルに癒やされつつ、終点の明智駅へ。

 明知鉄道の食堂車は秋はキノコ、冬はじねんじょなど、季節によってさまざまな地元の食材を楽しめます。列車でグルメを満喫した後、光秀の史跡巡りに繰り出すのはいかが?

写真
 

この記事を印刷する

PR情報