東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 鉄学しましょ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【鉄学しましょ】

渋谷駅の進化形 村井美樹さん

写真

 2020年最初の「鉄学しましょ」は1月3日にリニューアルした銀座線渋谷駅。私も翌4日に早速行ってきました=写真。M字形の独特なデザインの屋根が近未来風でスタイリッシュ。まるで肋骨(ろっこつ)のようで、鯨にのみ込まれたピノキオの気分!? ホーム幅は以前の渋谷駅と比べて2倍の12メートルになり、広々として開放感があります。物珍しげにパシャパシャ写真を撮っている方がたくさんいて、真新しい駅は高揚感に満ちあふれていました。

 まだ渋谷駅は進化中で、これからホームの床に白いタイルが敷き詰められ、ホームドアも設置されるそう。さらにうれしいポイントは、明治通り方面改札側の中2階にトイレと16個のコンセント付きカウンターのスペースがあること。携帯を充電したり、ノートパソコンを広げて作業もできたりして便利ですね。今は階段でしか行けませんが、オリンピック開幕前までにはエレベーターも設置される予定です。

 将来はM字形屋根の上に歩行者デッキができるそう。へこんでいるところを人が通るのでしょうか? まだ想像がつかないですね。

 動線の変化により、新たに混雑の課題も出ているようですが、どんどん変化していく渋谷駅をこれからも注目していきたいです。

 

この記事を印刷する

PR情報