東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

おからミニカップケーキ 子どものおやつに「変身」

写真

 県内でも作られている大豆。十月からが収穫の時季です。大豆から作られるものは、いろいろありますよね。

 豆腐、湯葉、豆乳、納豆、みそ、しょうゆ、おから…。「畑の肉」と昔からいわれている大豆は、タンパク質、脂質などを含む栄養価の高い食材です。なじみ深い大豆ですが、今回はおからを使ったおいしい料理を紹介したいと思います。

 大豆を水に浸し、すりつぶして煮詰め、搾った液体が豆乳。そして、残った搾りかすがおからなんです。搾りかすといっても、とても栄養価に優れ、繊維もたっぷり。安く手に入るので、実はとても魅力的な食材です。

 うの花やハンバーグの種にもお薦めですが、子どもも食べやすいおやつの材料として、おからのカップケーキを紹介します! 簡単なので、ご家庭で毎日のおやつにお薦めします。

 おからはボソボソしていて食べにくいという方もいるかと思いますが、このカップケーキはしっとりしていて、とても食べやすいですよ。

<材料(約16個分)>

・おから……100グラム

・薄力粉……80グラム

・卵……2個

・ベーキングパウダー……2グラム

・砂糖……50グラム

・牛乳……50ミリリットル

・バター……60グラム

<作り方>

1:軟らかくなったバターをボウルに入れ、砂糖とよく混ぜ合わせる。卵2個を加え、よく混ぜる。

2:薄力粉、ベーキングパウダー、牛乳、おからを加え、混ぜたものをカップに入れる。

3:170〜180度に予熱したオーブンで13〜15分ほど焼き上げる。

 料理研究家・越石直子

 

この記事を印刷する

PR情報