東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

ポークピラフ  風邪予防に強力コンビ

写真

 十一月は「霜月」。その名の通り、寒さもこれから厳しくなるので体調管理には注意したいですよね。体には厳しい季節ですが、逆に厳しい寒さのおかげで、よりおいしくなる食材もあります。

 今回は、寒さの中で育つことで甘みが増すニンジンと、抵抗力を増す豚肉を使い、炊飯器一つで誰でも簡単にできる料理を紹介したいと思います。

 県内にはヤシオポーク、那須野ポークなど、さまざまな銘柄の豚肉があります。また、旬のニンジンも県南から県北まで幅広く作られ、今がちょうどおいしい時季です。

 豚肉にはビタミンB1が多く含まれ、年末に向けて疲労している体にはとてもお勧めです。ニンジンにはカロテンが多く、免疫力を高める効果もあります。

 この二つを一緒に食して、風邪のひきやすい時季を乗り越えたいですね。

 炊飯器で簡単にできるポークピラフ、ぜひ作ってみてくださいね。

<材料>

・豚カツ用などの豚ロース肉……3枚

・米……3合

・タマネギ……1/2個

・バター……10グラム

・固形ブイヨン……3個

・白ワイン……大さじ1

・湯……500ミリリットル

・塩……小さじ1/2

・肉の下味用の塩こしょう……少々

 <ニンジンのマリネ材料>

・ニンジン……大1本

・塩……少々

・オリーブオイル……大さじ1

・酢……大さじ1

<作り方>

1:タマネギは皮をむき、みじん切りにする。豚肉は下味に軽く塩こしょうを振って5〜10分置く。ニンジンはスライサーで薄切りにし、塩を少々まぶし、水気を切ったらオリーブオイル、酢、塩で味付けし、冷蔵庫で休ませる。

2:フライパンにバターをしき、豚肉の両面に焼き色を付ける。肉はいったん取り出し、粗熱が取れたら一口大の正方形に切る。

3:肉汁は捨てない。米に肉汁(溶けたバターも含め)を入れ、米となじむように良く混ぜる。みじん切りしたタマネギ、切った豚肉、白ワイン、塩小さじ1/2を加える。

4:500ミリリットルの湯にブイヨンを溶かし、3に加えて炊飯器で炊きあげる。皿に盛り付けたら完成。別分量でソテーした豚肉、ニンジンのスライスマリネを添える。

料理研究家・越石直子

 

この記事を印刷する

PR情報