東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

牛すね肉の赤ワイン煮 風味豊か 県産で豪華Xマス

写真

 今日はクリスマスイブ。二十四日や二十五日にパーティーをする家があるかと思います。子どもから大人までわくわくする行事の一つですが、料理を用意する人たちはメニューを考えるだけでも大変ですよね。毎年のことですから…。

 特別な日には、やはり特別な素材を使っておいしい料理で楽しい時間を過ごしたいですよね。そんな日にお薦めしたい食材は「とちぎ和牛」です。

 県内を代表する黒毛牛肉はきめが細かく、軟らかくて風味豊か。クリスマスにいつもよりちょっと豪華にしたいなという時にぴったりです。今回は、家でできるクリスマス料理を紹介します。

 もちろん、クリスマスだけでなく特別な日にぜひ作っていただければと思います。とちぎ和牛は素材自体がおいしいので、そのまま焼くだけのステーキも良いですが、一手間かけた赤ワイン煮も絶品ですよ。

<材料(3〜4人分)>

・牛すね肉……600〜700グラム程度

・タマネギ……1個

・ローリエ……2枚

・小麦粉……少々

・塩コショウ……少々

・赤ワイン……1/2本

・ブイヨン……1〜2個

・湯……500ミリリットル

<作り方>

1:牛すね肉は一口サイズの2倍ほどの大きさに切る。やや大きめに切ったものに塩コショウを振る。そして小麦粉をまぶす。タマネギは半分に切り、1〜2センチのくし切りにする。

2:フライパンに油をしき、1のすね肉の表面をしっかりと焼く。次にタマネギを入れ、あめ色になるまで炒める。牛肉は途中で取り出してタマネギだけじっくり炒める。

3:圧力鍋に2のタマネギ、ローリエ、牛肉を入れ、赤ワインで煮込む。あくが出てきたら丁寧に取り除く。次に、湯にブイヨンを入れて溶かしたものを鍋に注ぎ、圧力鍋のふたをして30〜40分(通常の鍋の場合は2〜3時間)、弱火で煮込む。

料理研究家・越石直子

 

この記事を印刷する

PR情報