東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

ネギのポタージュスープ 甘みがおいしさ引き立てる

写真

 立春の二月。暦では春ですが、寒さも厳しい時季です。風邪やインフルエンザなどもはやっているので、体調にも気をつけたいですよね。

 風邪の対策もしっかりしつつ、食生活からも予防を取り入れることをお勧めします。風邪予防に良いものはたくさんありますが、私が今回お勧めするのは長ネギ。

 寒さとともに甘みを増していくネギは今が旬。おいしいだけでなく、辛み成分を含み、体を温めてくれ、催眠作用もあるので、風邪をひいてからも効能抜群の食材です。

 県内でも有名なネギが多くあります。曲がった形が特徴の宇都宮市の「新里(にっさと)ねぎ」や、辛みの少ない県北部の「那須の白美人ねぎ」、だるま型が特徴的な栃木市の「宮ねぎ」などです。

 ネギをたっぷり、おいしく摂取できるレシピを紹介しますね。「ネギのポタージュスープ」です。しっかりと焼き、甘みを引き出すので、ネギが嫌いな人も絶対に「おいしい!」というスープですよ。ぜひ作ってもらえたらと思います。

<材料(4人分)>

・長ネギ……3本

・ジャガイモ……3個

・カツオだし……600ミリリットル

・牛乳……600ミリリットル

・チキンブイヨン……2個

・酒……大さじ1

・塩……適量

<作り方>

1:長ネギは白い部分を5〜6センチに切り、オーブントースターかフライパンなどで表面が黒く焦げるまでしっかりと焼き、甘みを引き出す。粗熱が取れたら、表面の皮をむく。

2:ジャガイモは皮をむき、薄切りにし、カツオだしで煮る。火が通ったら粗熱を取り、1の長ネギを加えてミキサーで液状にする。

3:鍋に2を移し、酒、ブイヨンを加えて煮る。ブイヨンが溶けたら弱火にし、牛乳を加えて沸騰させないように気をつけ、塩で味を調えてネギの青い部分を刻み添えたら完成。沸騰させすぎると、牛乳が分離してしまうので注意する。

料理研究家・越石直子

 

この記事を印刷する

PR情報