東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

夏イチゴのビタミンサラダ 暑さ和らぐ爽やかな酸味

写真

 皆さん、暑い夏に日焼けや夏バテなどで疲れがたまっていませんか? 暑い日は、どうしてもさっぱりしたものが食べたくなったりしますが、日差しで疲れた肌や体にはビタミンが大切ですよね。

 ビタミン、そして栃木といえばイチゴ。でも、イチゴの季節は…冬ですよね。ですが、県内には「なつおとめ」という夏が旬のイチゴがあるのをご存じでしたか? 酸味が爽やかで、スイーツにもサラダにも相性の良い品種なんです。那須塩原地区の涼しい気温が、夏のイチゴを育ててくれているんですよ。

 日焼けした肌にも、イチゴのビタミンはメラニン色素の抑制、夏バテした体にも疲労回復にお薦めなんですよ。

 今回は夏の栃木のおいしいイチゴを知ってもらい、食欲のない時でもさっぱりと食べられる「夏イチゴのビタミンサラダ」を紹介したいと思います。「なつおとめ」を見つけたら、ぜひ試してほしいと思います。

     ◇

 第98回全国高校野球選手権大会の決勝が二十一日にあったため、掲載日を変更しました。

【材料2〜3人分)】

<サラダ>  

・レタスなどの葉野菜……適量

・プチトマト(黄色)……4〜5個

・イチゴ……2〜3粒

・カブ……1個ほど

<イチゴドレッシング>

・イチゴ……2粒

・バルサミコ……小さじ1

・オリーブオイル……小さじ2

・塩……小さじ1/4

・こしょう……少々

【作り方】

1:レタスは洗って水気を切る。カブは皮をむき、縦1/8に切る。イチゴはへたを取り、薄くスライスする。プチトマトはへたを取り、縦1/4に切る。全ての材料を器に盛り付ける。

2:イチゴドレッシングを作る。イチゴはへたを取り、すり下ろす。包丁でつぶし、刻んでも良い。すり下ろしたイチゴとバルサミコ、オリーブオイル、塩、こしょうで味付けする。

3:1のサラダに2のドレッシングをかけ、出来上がり。

料理研究家・越石直子

 

この記事を印刷する

PR情報