東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

黒豆と豚肉のトウチ炒め 冬に向けて健康維持

写真

 食欲の秋、読書の秋。おいしいものがたくさんあり、過ごしやすい気温で睡眠不足や暴飲暴食など、胃や目が疲れてはいませんか? おいしいものがたくさんあると何を食べようかとわくわくしますが、たまには食事で体をリセットすることも大切です。

 そんな時に摂取したい食材は大豆。栃木県の大豆は全国で有数の生産量を誇ります。大豆の中でもアントシアニン、ビタミンB1を多く含む黒豆は体、目の疲労回復にもってこいの万能大豆。

 さらにビタミンB1を多く含む豚肉との組み合わせで、冬に向けて健康な体を維持してもらいたいと思います。

 黒豆は正月の煮豆など、最近は若い世代があまり食べない食材ではありますが、中華風に調理することで、ご飯にもよく合い、食べやすい料理になります。

 小鉢だけでなく、たっぷり食べられる「黒豆と豚肉のトウチ炒め」を今回は紹介したいと思います。ぜひお試しください。

【材料(4人分)】

・黒豆……2カップ

・豚ヒレ肉……200グラム

・ニンニク……1かけ

・トウチ……大さじ1/2

・紹興酒……大さじ1/2

・塩こしょう、片栗粉……適量

・豆板醤(とうばんじゃん)……小さじ1

【作り方】

1:豚ヒレ肉は、1センチの正方形にカット。豆の大きさにそろえる。塩こしょうをして片栗粉をまぶす。

2:ニンニク、トウチはみじん切りにする。

3:豚肉を表面がかりっとするまでフライパンで炒め、次にニンニクとトウチ、豆板醤を入れて炒める。香りがしてきたら、汁を切った黒豆と紹興酒を入れ、さらに炒める。味がしっかり絡んだら完成。

 料理研究家・越石直子

 

この記事を印刷する

PR情報