東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

ユズ香るカブと肉団子のホワイトシチュー 豊かな食感、食べ応え十分

写真

 だんだんと寒くなってきて、温かいものが食べたくなる十一月。この時季においしい野菜は根菜類ですよね。体にも優しく、温かい料理にも大活躍です。

 旬の根菜はカブ。春にもカブは旬が来ますが、春物の軟らかさに対し、今の時季は甘みが強くなるので、煮込み料理などにとても適しています。

 カブは酵素やビタミンも豊富なので、料理に積極的に取り入れたい食材です。また、十月からユズも旬。県内で有名なのは茂木町のユズです。ユズは、どう使うか分からないという人も多いかと思いますが、香りを楽しむだけでなく、ユズの酸味も料理にはアクセントになるんですよ。

 今回は根菜のレンコンやカブを使った鶏団子のおいしいホワイトシチューを紹介したいと思います。ふわっとした食感とシャキシャキとしたレンコンの歯応えが楽しめる肉団子と、ゴロゴロ野菜は食べ応えも十分なレシピですよ。

【材料】

・カブ、エリンギ……各2個

・タマネギ……1/2個

・固形ブイヨン……2個

・水……700ミリリットル

・ユズ……1/2個程度

<肉団子>

・鶏ひき肉…280グラム

・レンコン……70グラム

・卵白……1個分

・塩……小さじ1/2

・ニンニク、ショウガ……各1かけ

・ナツメグ、ブラックペッパー……各少々

<ホワイトソース>

・薄力粉……大さじ3

・バター……40グラム

・牛乳……600ミリリットル

・塩……小さじ1

・クリームチーズ……大さじ1

【作り方】

1:ホワイトソースを作る。フライパンにバターを溶かす。薄力粉を加え、よく炒めたら弱火にし、牛乳を少しずつ加えていく。玉にならないように木べらで常にかき混ぜながら、弱火でゆっくりと作る。牛乳全量が入り、とろみがついてきたらクリームチーズ、塩を加え、よく混ぜる。

2:エリンギは食べやすい大きさに切り、タマネギはくし切りに、カブは皮をむいて6等分のくし切りにする。鍋に水を入れ、沸騰したら固形ブイヨンを加え、エリンギ、タマネギを入れて煮る。

3:レンコンは水にさらしてあく抜きした後、みじん切りにする。ニンニク、ショウガもみじん切りにする。ボウルに卵白を入れ、筋がすっとつくくらいに泡立てる。ボウルにひき肉、レンコン、ニンニク、ショウガのみじん切り、塩、ナツメグ、ブラックペッパーを入れ、白っぽくなるまで手でこねる。ひき肉のボウルに卵白を加え、スプーンや手で丸く形成して2の鍋に加えて煮る。

4:肉団子に火が通ってきたらカブを加えて煮て、あくを取り除き、ホワイトソースを加えて温める。味を調整し、ユズの果汁を入れて器に盛り、ユズの皮を添える。

 料理研究家・越石直子 

 

この記事を印刷する

PR情報