東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

レンコンと豚肉の炊き込みご飯 冷めてもおいしい冬の味方

写真

 もうすぐ一月も終わりですね。特に受験生は風邪をひかないように、体調を整えたい時季です。

 花粉症などもこれからですね。毎日の食事には、肉や野菜などバランスの良いものが理想です。冬は葉野菜などが減少するため、サラダなどではなかなか摂取しづらいと思います。

 冬の野菜の定番といえば根菜。根菜にもいろいろな種類がありますが、旬でおいしい根菜の一つとしてレンコンがあります。レンコンに含まれるビタミンCは加熱に強いので、寒い冬に温かい料理に加えてもビタミンを摂取できるので万能野菜で、風邪予防にもうれしい食材です。

 食物繊維も豊富なので、運動不足になりがちな冬にもお薦め。レンコンの調理方法はさまざまで、きんぴらや煮物などで普段口にしているかと思いますが、今回はレンコンと相性の良い豚肉との炊き込みご飯を紹介したいと思います。

 ご飯で炊き込むことで、レンコンや豚肉のうま味が広がり、ご飯、肉、野菜もバランス良く食べられます。冷めてもおいしいので、お弁当にもお薦めですよ。

【材料(4人分)】

・米……2合

・レンコン……3〜4センチ

・豚肉……150グラム

・万能ネギ……適量

・酒……大さじ2

・しょうゆ……大さじ2

・みりん……大さじ1

・カツオだし……360ミリリットル

・塩……少々

【作り方】

1:米は洗って30分、水につけておく。レンコンは薄切りにし、1/4の大きさに切り水にさらす。豚肉は食べやすい大きさに切る。

2:フライパンに油をひき、豚肉、レンコンを炒める。酒、しょうゆ、みりんを加え、水分を少し飛ばす。

3:鍋に水切りした米、だし、炒めた具材を入れ、塩気が足りない場合は塩少々を足して沸騰してから10分炊く。15分、ふたをしたまま蒸らして完成。食べる直前に万能ネギの小口切りを散らす。

 料理研究家・越石直子

 

この記事を印刷する

PR情報