東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > とちぎごはん > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【とちぎごはん】

梅であっさり 花粉症対策 和風あんかけオムライス

写真

 三月に入り、ポカポカ陽気の日もあれば、まだまだ寒さが厳しい日もありますよね。花粉症の方にはつらい季節でもあります。

 花粉症対策にはさまざまありますが、少しでも症状を和らげるためにも、まずは食から改善してみてはいかがでしょうか。

 梅にはアレルギー反応を引き起こすヒスタミンの分泌を抑える効果があります。梅干しをそのまま食べても良いですが、日々の料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 今回は「和風あんかけオムライス」をご紹介します。梅の程よい酸味とあっさりとしたミズナのあんかけが体に優しいお味です。寒さの残る季節に、体を温めてくれます。花粉症でない方にも、これからの予防に梅やシソはオススメです。

 あっさりとして食べやすい和風のオムライスは年齢を問わず好まれますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

【材料(2人分)】

ご飯…茶わん2杯分

梅干し……3〜4個

しらす……50グラム

ミズナ……1袋

卵……4個

塩こしょう……少々

かつおだし……2カップ

料理酒……大さじ1

しょうゆ……大さじ2

みりん……大さじ1

水溶き片栗粉……適量

【作り方】

1:卵4個をボウルに割り、塩こしょうを入れ、よくかき混ぜる。ミズナを洗って水気を切り、3センチほどの長さに切りそろえる。

2:梅干しの種を取り除き、包丁でペースト状になるまでたたく。

3:ごはんにしらす、2の梅干しを入れ、よく交ぜ合わせる。フライパンに1の卵の半量を流し入れ、ごはん1膳分を包み、オムライスにする。

4:フライパンか鍋にだしを入れ、酒、しょうゆ、みりんで味付けし、水溶き片栗粉で強めのとろみをつける。最後にミズナを入れ、さっと交ぜ合わせたら、3のオムライスに半量をかけて完成。残る1膳分も使って同じように作る。

料理研究家・越石直子

 

この記事を印刷する

PR情報