東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

五輪チケット 申し込み慎重に きょうネット受け付け開始

 二〇二〇年東京五輪の国内在住者向けチケットの抽選申し込みが九日午前十時から始まる。インターネット上の公式販売サイトで二十八日午後十一時五十九分までで受け付ける。販売対象は開閉会式と三十三競技のうち実施が凍結されているボクシングを除く全競技。開会式や人気競技は高倍率の争奪戦となりそうだ。

 結果は六月二十日に発表される。大会組織委員会によると、初日はサイトへのアクセスが集中することが予想され、手続きがスムーズに行えない可能性もある。申し込み順は当選確率に影響しないため、古宮正章副事務総長は「慌てないでやっていただきたい」と呼び掛けた。

 申し込みにはまずメールアドレス、氏名、電話番号などを登録する「ID登録」を行い、観戦したい試合や席種、枚数を選択する。一人で第一希望として三十枚まで申し込むことができ、第二希望も選択すれば六十枚まで申請が可能となる。当選は最大三十枚。落選した場合、同じ試合でランクが一つ下の席も抽選の対象にできる「カスケードサービス」も用意された。

 当選したチケットは七月二日までに全て購入しなければならない。購入しなかった場合、ペナルティーとしてパラリンピックのチケットの抽選販売で優先順位が下がることがあるという。

 チケット価格は開会式が最高三十万〜一万二千円。競技の最高額は陸上決勝の十三万円で、最低額がサッカー女子一次リーグや射撃、近代五種などの二千五百円。全体の半分以上が八千円以下で購入できる。車いす使用者のチケット、子どもや高齢者、障害者を含むグループを対象とした一枚二千二十円の企画チケットも抽選の対象となる。

 問い合わせ先の窓口は電0570(00)2020。

◆当選分全て買わないとペナルティーも

 東京五輪のチケット抽選は高い競争率となることが見込まれる。だが「ダメ元で多めに申し込んでおこう」と考えるのは早計だ。当選の通知後に本当に欲しいチケットだけを選んで買うことはできない。全て購入することが求められており、慎重に申し込む必要がある。

 チケット価格は陸上や競泳、柔道などの人気競技でメダルが決まる試合はC席でも数万円。これらを含めて上限の三十枚まで当たったら、相当な高額となる可能性がある。

 来春以降は、不要となったチケットを定価で正式に転売できるサービスも始まる。

 一度購入した分を、ここで売ることは可能だが、販売できる保証はない。買い手が付かなければ転売は成立しない点には注意が必要だ。

 インターネットなどを通じた非公式な転売は、六月に施行される入場券不正転売禁止法に触れる可能性がある。当たったら確実に観戦する試合だけを選んで、申し込むのが堅実と言えそうだ。

◆数時間待ち覚悟で

 東京五輪の組織委員会は八日、公式チケット販売サイトにアクセスする際、混雑するタイミングを避けるよう注意を呼び掛けた。

 九日午前十時の抽選申し込み受け付け開始直後や、二十八日深夜の締め切り直前に集中することが想定され、待機が数時間に及ぶ恐れもあるという。

 公式サイトには「ウェイティングルーム」(待合室)という仕組みが設けられ、大量の先客がいる場合に順番待ちのページに誘導される。ここで予想される待ち時間が表示される。

 順番が回ってくれば、希望のチケットを探したり抽選に申し込んだりできる画面に進むが、ここで作業可能なのは一時間まで。「待合室」で待ちくたびれて長時間放置していると、知らないうちに順番が回ってきて時間切れになりかねない。

 

この記事を印刷する

PR情報