東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

MGC上位5人に東京五輪参加資格 標準未到達でも代表に

 日本陸連は3日、9月15日に行われる東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の上位5人に、五輪の参加資格を与えることを国際陸連が認めたと発表した。男子で2時間11分30秒、女子で2時間29分30秒の五輪参加標準記録を突破したものとみなされ、MGCまでのタイムに関係なく、上位2人を代表に決める環境が整った。

 マラソンの標準記録は今年1月1日からが対象で、男子日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)を含めて有力選手の多くが突破していない。

 MGCでは暑さの影響や選手がけん制し合うことで、2位までに入っても標準記録に届かず、即座に代表に選出できない事態が懸念されていた。

 MGCは男子が31人、女子は12人が出場を予定している。

 

この記事を印刷する

PR情報