東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

スケートボード・平野歩が準決勝進出 国際オープン

 来年の東京五輪で初採用されるパークの五輪予選対象大会第2戦、国際オープンは18日、中国の南京で準々決勝が行われ、男子は夏冬両五輪出場を目指す平野歩夢(木下グループ)が65・17点で11位に入り、19日の準決勝に進出した。永原悠路は60・08点の19位、笹岡建介(Proshop Bells)は48・42点の23位で敗退した。

 女子は手塚まみが24・03点の3位、菅原芽依が21・07点の8位で、ともに準決勝に進んだ。 (共同)

 

この記事を印刷する

PR情報