東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

東京五輪ボランティア 藍、あふれるユニホーム

東京五輪・パラリンピックのスタッフユニホームを着て笑顔を見せる香取慎吾さん(中央)ら。ユニホームは左側がフィールドキャスト、右側がシティキャスト=19日、東京都中央区で

写真

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピック組織委員会は十九日、ボランティアら大会スタッフ十一万人以上が着るユニホームを発表した。藍色を基調にしたポロシャツは大会エンブレムのデザインを配し、猛暑に備えて通気性や素材にも配慮した。ズボンや帽子、スニーカー、バッグも用意した。

 ポロシャツは二種類で、競技場や選手村で活動する「フィールドキャスト」用は右肩から左脇腹に向かって藍色が薄くなるグラデーションを採用。街で道案内などをする「シティキャスト」用は濃紺と白の二色で、いずれもエンブレムの市松模様を取り入れた。

 東京都内での発表会には選考委員でアイドルグループ、SMAPの元メンバー、香取慎吾さんも出席した。

 

この記事を印刷する

PR情報