東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

パラメダリストら大会PR

写真

 2020年東京パラリンピックの詳細競技日程とチケット価格などが発表された13日、16年リオデジャネイロ大会の陸上女子400メートルで銅メダルを獲得した重本(旧姓辻)沙絵(日体大大学院)=写真(中)=と、卓球で同大会に出場した岩渕幸洋(協和キリン)=同(左)=が東京都内のイベントに参加し、大会をPRした。

 重本は「リオの時は、小さい子がサインしてとか頑張ってとか声をかけてくれて、頑張ろうと自分の力になった」と振り返り、「自分の種目の決勝は土曜日。家族みんなで来てもらいたい」と願った。岩渕は、相手の障害のある体の部位を弱点として狙うことがパラリンピックの卓球のポイントであると紹介し、「自分の障害の部位をつかれないように工夫もする。そういう駆け引きも見てほしい」と呼び掛けた。

 東京パラリンピックでは、最も安いチケットは500円と、観戦しやすい価格も設定された。岩渕と重本はともに「気軽に大会を見に来てもらえたらうれしい」と期待を込めた。

 

この記事を印刷する

PR情報