東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

「五輪ホッケー場 愛される施設に」 大井、完成披露式典

 二〇二〇年東京五輪の競技会場として東京都が新設した大井ホッケー競技場(品川区、大田区)の完成披露式典が十七日、開かれた。整備費は約四十八億円。七月に完成し、既に一部で供用が始まっている。

 式典で小池百合子知事は「さまざまなスポーツが楽しめる場所としてフル活用し、末永く愛される施設にしたい」とあいさつ。始球式ではホッケー男子日本代表チームにパスを出した。代表チームはその後、シュート練習などのデモンストレーションを披露した。

 日本ホッケー協会名誉総裁の高円宮妃久子さまも出席し「大会で、世界の選手団をこの立派な競技場に迎えられることを楽しみにしている」と語られた。

 都によると、大井ふ頭中央海浜公園内にメインのグラウンドを新たに整備し、既存の球技場をサブグラウンドとして改修。いずれも人工芝を使っており、大会期間中の座席は計約一万五千席となる見込み。

 

この記事を印刷する

PR情報