東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

水質悪化でスイム中止 お台場海浜公園 パラトライアスロンW杯

水質悪化でスイムが中止になったパラトライアスロンW杯のスイムコース(奥)=17日、東京・お台場海浜公園で

写真

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのテスト大会を兼ねたパラトライアスロンのワールドカップ(W杯)は十七日、会場となる東京・お台場海浜公園のスイムコースの水質が悪化したとして、スイムを中止してランとバイクのデュアスロンに変更された。

 大会実行委員会によると、十六日に実施した水質検査で大腸菌の数値が国際トライアスロン連合(ITU)が定める上限の二倍を超えた。記者会見した日本トライアスロン連合の大塚真一郎専務理事は「スイム、バイク、ランの競技環境を用意できなかったことは選手に申し訳なく残念だが、フォーマットに従い変更した」と説明した。

 十五、十六日の健常者によるトライアスロンの五輪予選は、それぞれ前日に行われた水質検査に問題はなく、通常通り実施された。十一日に同会場であった水泳オープンウオーターのテスト大会では選手が悪臭を指摘するなど、水質を懸念する声が相次いだ。

 ◇ 

 お台場海浜公園では毎年、日本トライアスロン連合と本紙などが主催し、トライアスロンの日本選手権が開かれている。本紙を発行する中日新聞東京本社の事業局によれば、同選手権は気候が安定して水温も下がり、水質が悪化しにくい十月に開催。競技前には水質検査も行い、過去に水質の悪化でスイムが中止になった例はないという。

 

この記事を印刷する

PR情報