東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

お台場海浜公園 水質悪化 五輪組織委「会場変更せず」

トライアスロンの東京五輪・パラリンピックのテスト大会で、一斉にスタートする各国の選手たち=18日、東京・お台場海浜公園で

写真

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのトライアスロンのテスト大会で水質悪化によりスイムが中止になった問題で、東京大会の組織委員会が十八日に会見し、同じ東京・お台場海浜公園で行われる本大会の会場を変更しない方針を示した。 

 この日も競技が行われた。水質が改善されたため、男女混合リレーを予定通りスイムを含めた三種目で実施した。

 会見で組織委の森泰夫運営局次長は「現時点では会場変更の検討はない」と強調。競技を運営した日本トライアスロン連合の大塚真一郎専務理事は、水質悪化が台風10号の降雨などによる一時的なものとし、「絶対にここではできない、という課題はない」とした。

 組織委の計画では、テスト大会で汚水流入防止に張った「水中スクリーン」を、本大会では三重にする。降雨による水質悪化が予想される場合は、競技日の前倒しも検討する。

 テスト大会では十七日にスイムコースの大腸菌数が競技実施基準の上限を超え、障害者部門をバイクとランのみのデュアスロンとして行った。暑さのため初日の十五日は女子のランを十キロから五キロに短縮し、フランス選手が熱中症の疑いで病院に搬送された。 (原田遼)

 

この記事を印刷する

PR情報