東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

野口、五輪切符「夢みたい」 クライミング世界選手権 複合「銀」

女子複合決勝リードの野口啓代=エスフォルタアリーナ八王子で

写真

 世界選手権第9日は20日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で8人による女子複合の決勝が行われ、30歳の野口啓代(あきよ=TEAM au)が銀メダルを獲得し、2020年東京五輪代表に決まった。昨年の大会から始まったこの種目で日本勢初の表彰台。

 5位に入った野中生萌(みほう=XFLAG)を含めた上位7人(1カ国・地域2人まで)が五輪出場の前提となる「参加資格」を獲得した。日本協会は参加資格を手にした日本勢最上位の1人を五輪代表にすると定めていた。15歳の森秋彩(あい=茨城県連盟)が6位、17歳の伊藤ふたば(TEAM au)は7位だった。

 五輪で実施される複合はスピード、ボルダリング、リードの順に3種目に臨み、各種目の順位を掛け算したポイントの少ない選手が上位となる。野口はそれぞれ7、1、3位で21点。ヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が12点で2連覇した。

<のぐち・あきよ> ボルダリングはワールドカップ(W杯)通算21勝。年間総合優勝を過去4度達成し、今季は総合2位。今回の世界選手権で2大会連続の銀メダルを獲得した。複合では昨年のジャパンカップを制し、ジャカルタ・アジア大会で金メダル。茨城・東洋大牛久高出、TEAM au。165センチ、52キロ。30歳。茨城県出身。

 

この記事を印刷する

PR情報