東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

パラチケット 受け付け来月9日まで

2020年東京パラリンピックのチケット受け付けが始まり、観戦をアピールする(左から)木村敬一選手、重本沙絵選手、マルクス・レーム選手、ゲストでタレントの上田晋也さん=22日、東京都中央区で

写真

 二十五日で開幕まで一年を迎える東京パラリンピックの国内在住者向けに販売するチケットの一次抽選申し込みが二十二日、インターネット上の公式販売サイトで始まった。九月九日午前十一時五十九分まで受け付け、結果は十月二日に発表される。価格は開会式が八千〜十五万円で、競技は九百〜七千円。

 五輪チケットの一次抽選申し込みでは、初日の午後五時までにアクセス数が約百三十万件と殺到した。大会組織委員会はサーバーの容量を増強するなどして臨み、鈴木秀紀チケッティング部長は「大きな混乱はなく順調にすべり出した」と説明。午後六時の時点でアクセス数は約十一万件で、サイト内に混雑緩和を目的に設置した「ウェイティングルーム(待合室)」は稼働していないという。

 購入希望者は事前に「ID登録」が必要で、販売サイトにログインして観戦したい試合や席種、枚数を選択する。一人で第一希望として三十枚まで申し込むことができ、第二希望も選択すれば六十枚まで申請できる。

 当選者の購入期限は十月十五日午後十一時五十九分。VISAのカード決済か、コンビニでの現金払いとなる。年明けには二次抽選販売を予定している。

 東京都内ではPRイベントが行われ、競泳男子の木村敬一選手(東京ガス)が「ぜひ生で見てほしい」とアピール。陸上女子の重本沙絵選手(日体大大学院)も「会場独特の緊張感、雰囲気をぜひ肌で感じてほしい」と観戦を呼びかけた。

写真
 

この記事を印刷する

PR情報