東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

「選手輸送」25台ずつ隊列 首都高でバス実験

選手村予定地付近を隊列を組んで走行するバス=25日、東京都中央区で

写真

 来年七月の東京五輪開会式を想定し、選手村予定地(東京都中央区)から新国立競技場(新宿区)まで参加選手らを運ぶ輸送実験が二十五日あった。大型バス七十五台がグループに分かれて首都高速道路を隊列走行し、一部では交通規制も実施。スムーズに運べるかどうか確かめた。

 開会式は来年七月二十四日午後八〜十一時の予定。組織委員会と東京都は今回の実験を踏まえて、実際に使うバスの台数や交通規制の内容を決める。

 実験は二十五台ずつ隊列を組んで走行。選手村予定地で選手役の学生ボランティアらを乗せて出発し、晴海から首都高に入り、外苑で一般道へ。計約三十分かけて競技場に着いた。

 走行ルートとなる首都高の一部出入り口を閉鎖したほか、競技場周辺の一般道には大会関係車両の専用レーンを設け、一般車両の通行を制限した。

 車いすを最大六台固定して載せることができる車両も用意し、パラリンピック選手が円滑に乗降できるかどうか確認。参加した車いすの男性は「乗車に時間がかかったが工夫すれば改善できる」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報