東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

女子53キロ・向田、五輪切符 文田は金 レスリング世界選手権

女子53キロ級準決勝ギリシャ選手を攻める向田真優=ヌルスルタンで(榎戸直紀撮影)

写真

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】東京五輪予選を兼ねた世界選手権第4日は17日、当地で行われ、男子グレコローマンスタイル60キロ級で五輪代表に決まった文田健一郎(ミキハウス)が決勝で昨年覇者のセルゲイ・エメリン(ロシア)を破り、2017年大会59キロ級以来2年ぶりに世界王者となった。グレコの日本勢で2度目の優勝は初めて。

 女子は53キロ級の向田真優(至学館大)が4試合を勝って18日の決勝に進出してメダルを確定させ、日本協会の選考基準を満たして五輪代表に決まった。50キロ級の入江ゆき(自衛隊)は3回戦で16年リオデジャネイロ五輪48キロ級3位の孫亜楠(中国)に12−13で屈した。18日の敗者復活戦に回れず、5位までの東京五輪出場枠を逃した。

 非五輪階級で55キロ級の入江ななみ(福井県スポーツ協会)は3試合を勝ち、決勝に進んだ。72キロ級の古市雅子(自衛隊)は初戦で12年ロンドン五輪金メダルのナタリア・ボロベワ(ロシア)に敗れ、18日の敗者復活戦に回った。

<むかいだ・まゆ> 52キロ級で14年南京ユース五輪金メダル。55キロ級で16、18年に世界選手権優勝。53キロ級で昨年の全日本選手権で頂点に立ち、6月の全日本選抜選手権決勝で昨年の世界選手権覇者の奥野春菜(至学館大)を破り、世界代表の座をつかんだ。東京・安部学院高出、至学館大。157センチ。22歳。三重県出身。 (共同)

 

この記事を印刷する

PR情報