東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

札幌でのマラソン、チケット販売困難 五輪、組織委事務総長

 札幌開催が決まった2020年東京五輪のマラソンを巡り、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は15日、日本記者クラブでの講演で、発着点が市中心部の大通公園となった場合、「チケットの販売は困難」だと明らかにした。一帯に大規模な仮設観客席を設置するスペースを確保できないためとみられる。

 札幌開催に伴う経費の規模については「(大通公園発着なら)大きな仮設もつくらないので、そんなに大きなお金にはならないだろう」との見通しを示した。国際オリンピック委員会(IOC)主導で進んだ今回の変更については「プロセスにおいては甚だ問題。納得できない人もいる。しかし、結論はやむをえなかったという総括だ」とも述べた。

 武藤氏は「この五輪のキーワードを『共生』と位置づけた」と初めて明らかにした。大会を契機に、人種、障害の有無などにかかわらず、互いを尊重し合う社会となることを目指すとし「人々の心に変化をもたらすはず」と語った。

 

この記事を印刷する

PR情報