東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

五輪会場 ペット1本、持ち込み可 暑さ対策、水筒もOK

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、観客向けの暑さ対策として、1人1本に限り、750ミリリットルまでのペットボトル入りノンアルコール飲料を競技会場に持ち込むことを認めると発表した。近年の大会では液体を使ったテロへの警戒から持ち込みは禁じられてきたが、「特例措置」として容認する。水筒も持ち込み可能とするが、容量の基準は未定。中身を凍らせたペットボトルの扱いについても今後検討する。

 観客が暑さをしのげるよう、屋外会場に日よけテントを増設することや、500〜3000人に一つの蛇口の割合で仮設の水飲み場を設ける方針も示した。

 選手向けの対策としては、アイスバスなどで使えるよう、1360トンの氷を調達。ボランティアらスタッフのうち、屋外会場で活動する人には1人につき4本、屋内では2本の飲料水を配布し、アイスクリームも用意する方針を示した。

 組織委はトライアスロンと水泳オープンウオーターの会場となるお台場海浜公園で今夏に実施した水質調査の結果も発表した。一重の水中スクリーンを設置した8月7〜18日の期間に、スクリーンの内側のエリアで大腸菌類が基準値を超えた日は1日だけだった。一方、水質汚濁の指標となる化学的酸素要求量(COD)はスクリーン内でも基準値超の日が8日あった。組織委は本番ではさらに効果の高い三重スクリーンを設置し、対策を徹底するとしている。水温はすべての日で基準値内だった。

 

この記事を印刷する

PR情報