東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

札幌・大通公園 発着点 五輪マラソン・競歩

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡り、大会組織委員会、札幌市、北海道は18日、2回目の実務者会議を札幌市で開き、マラソン、競歩とも市中心部の大通公園を発着点とすることで一致した。組織委はコースについて、マラソンは市中心部の約20キロを2周する案、競歩は「札幌駅前通」を複数回、往復する案を提示。札幌市、北海道は具体的な課題を精査する。 

 組織委は12月4日の国際オリンピック委員会(IOC)理事会の審議で発着点の承認を目指す。11月中に再度、実務者会議を開き、コースと日程について地元の了解を得たい考え。ただ、国際陸上競技連盟などは別の案を出しており、難しい調整を迫られる。

 組織委の森泰夫大会運営局次長は、マラソン、競歩の発着点を大通公園とした理由について「関連設備スペースや人員態勢を共用できる。平らな土地で仮設設備がつくりやすい」とした。

 

この記事を印刷する

PR情報