東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

瀬古さんが本社来訪 マラソンの札幌開催について意見交わす

写真

 日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが十九日、東京都千代田区の中日新聞東京本社(東京新聞)を訪れた=写真。菅沼堅吾東京本社代表らと懇談し、二〇二〇年東京五輪のマラソンの札幌開催について意見を交わした。

 瀬古リーダーは「札幌でも夏は暑い日が多い。しっかり暑さ対策をしていく」と強調した。代表選考会で選ばれた男女各二選手について「力がある選手が上位に来た。来春までに(男女の)残り一枠が決まる。選手とともに戦っていきたい」と語った。

 菅沼代表は日本でのマラソン人気に触れ、「五輪と言えばマラソン。札幌でも自国開催という地の利を生かして、ぜひ頑張ってほしい」とエールを送った。

 

この記事を印刷する

PR情報