東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

五輪選手団長、福井専務理事 総監督は尾県氏

尾県貢氏(左)、福井烈氏

写真

 日本オリンピック委員会(JOC)が、2020年東京五輪の日本選手団団長に元プロテニス選手の福井烈専務理事(62)、総監督に尾県貢選手強化本部長(60)を充てる人事を決めたことが20日、複数の関係者への取材で分かった。JOCが同日の理事会で承認した。来週に記者会見を開く予定。

 1964年東京五輪の選手団長は陸上男子三段跳び五輪メダリスト、大島鎌吉氏が務めた。

 福井氏は日本テニス協会の専務理事。JOCでは長く選手強化を担当し、6月に専務理事に就任した。山下泰裕会長(62)とも同学年で、信頼が厚い。日本陸上競技連盟専務理事の尾県氏は、男子十種競技の元日本王者。筑波大で教授も務める。JOCでは6月に山下会長から選手強化のトップを引き継いだ。

 16年リオデジャネイロ五輪は、団長を当時選手強化本部長だった橋本聖子五輪相(55)、総監督を高田裕司理事(65)が務めた。

 JOCは東京五輪で史上最多となる金メダル30個の目標を掲げている。

 

この記事を印刷する

PR情報