東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

五輪マラソン、コース決定先送り 継続協議 チケット販売せず

 【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は四日、当地で理事会を開き、暑さ対策で都内から札幌に会場を変更した二〇二〇年東京五輪のマラソンのコースについて、市中心部を二周する案を希望する大会組織委員会と、ワールドアスレチックス(世界陸連)が全体では合意に至らず、異例の継続協議になったと発表した。同日の理事会での了承を見送った。札幌駅前通を往復する競歩のコースには同意して決着した。

 マラソンと競歩の発着点を札幌市中心部の大通公園とする会場計画は承認。男女20キロと男子50キロ競歩を含めた計五種目を八月六〜九日の大会終盤四日間に集中開催する日程も了承した。マラソンは男女とも午前七時にスタートする。

 焦点だったマラソンコースは一周目を20キロとする設定で合意したが、ワールドアスレチックス(世界陸連)は残りの約22キロについて7キロを三周する案を主張。二周目以降は継続して協議する。組織委は十二月中旬に結論を出すことを目指す。

 合意した一周目はスタート後、さっぽろテレビ塔やJR札幌駅付近、北海道大キャンパスを通って中心部に戻る。組織委の武藤敏郎事務総長は「コースについては世界陸連が最終的な決定権を持っている」と述べてIOCと世界陸連による調整に期待した。

 日程は八月六日午後四時半に男子20キロ競歩、七日午前五時半に男子50キロ競歩、同午後四時半に女子20キロ競歩を実施。八日に女子マラソン、大会最終日の九日に男子マラソンを行う。

 組織委は五輪マラソンは男女とも有料観客席を設けず、チケットを販売しないと明らかにした。

 

この記事を印刷する

PR情報