東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 2020東京五輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【2020東京五輪】

新型肺炎対応、IOCは信頼 東京五輪は予定通り

 国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長は14日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大への対応について「日本の公衆衛生当局を信頼している」と述べ、東京五輪を予定通り開催する考えを示した。準備状況を確認する大会組織委員会との事務折衝後に東京都内で開いた記者会見で語った。

 コーツ氏は、世界保健機関(WHO)からも中止や延期は不要だと伝えられていると説明。選手らにとって安全な形で大会準備を進めるとした。既に対策本部を設立している組織委とは、事務折衝でもこの問題を協議。「素晴らしい情報共有ができた」と述べた。

 大会では中国からも観戦などで多くの人が来日する可能性がある。コーツ氏は「誰であっても日本のルールを順守してもらう必要がある」とし、入国の可否は日本当局によって判断されると指摘。中国選手は多くが国外を拠点にしているとして、そうした国から直接来日するのは問題ないとの見方も示した。

 記者会見には組織委の森喜朗会長も同席しウイルス流行が大会まで続いた場合、無観客で試合を行うなどの非常措置を取るかどうかを問われて「全く考えていない」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報