東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

八ッ場ダム 水没する街の写真や動画 長野原町、アプリ会社と提携

八ッ場ダム建設により水没する長野原町の旧川原湯温泉の街並み

写真

 長野原町は、国土交通省の八ッ場ダム建設により水没する温泉街の写真や動画を、動画アプリの運営会社と提携してインターネット上に公開している。町の担当者は「ダムが完成した後でも、ここにあった風景をいつでも見られる形で後世に残したい」と力を込めた。

 水没する川原湯温泉は、共同浴場「王湯」や旅館がダム湖畔となる高台の代替地に移転。かつて温泉街があった場所は建設工事が進み、立ち入ることはできない。

 町は住民から提供を受け、移転前の写真を公開。ひなびた温泉街やササリンドウの紋が描かれた移転前の王湯など、もう見られなくなった風景をネットで気軽に楽しむことができる。動画はドローンを使い、重機が動き回るダム本体の建設現場や浅間山麓の自然、神社仏閣を撮影した。

 写真や動画を公開しているのは、地域動画アプリ「ジモフル」とフリー素材提供サイト「ぱくたそ」。ジモフルは「ガイドブックに載らない情報」をテーマに、全国各地の観光スポットを動画で配信。ぱくたそは二万枚近い写真を高画質でダウンロードできる。

 町企画政策課の中村剛課長は「住民以外の人にも地域を知ってもらい、足を運ぶきっかけになれば」と期待した。ジモフルの三枝明大社長は「町にはダム以外にも知られていない素晴らしい場所がある。発信して、地方活性化につなげたい」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報