東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

シクラメン色鮮やか 明和町で出荷最盛期

出荷の最盛期を迎えたシクラメン=明和町千津井で

写真

 明和町の花農家で、クリスマスや正月用のシクラメンの出荷が最盛期を迎えている。ハウス内では赤やピンク、白などの花が咲き誇っており、二十五日ごろまで東京や神奈川などに向けて出荷作業が忙しく続く。

 明和町千津井(せんづい)の小久保園芸では花びらの色や形がそれぞれ異なる四十品種九千鉢のシクラメンを栽培。生産者の小久保憲一さん(63)は「肥料のやり方は毎年違う。長年育てているけれど難しいねえ」と話す。出荷時期に合わせて、花をきれいに咲かせた。

 町内にある各生産者の直売所では、二十三日までシクラメンを販売している。問い合わせは町産業振興課農政係=電0276(84)3111=へ。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報