東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

雪合戦で訪日客呼び込む 28日、みなかみで大会

雪合戦で海外誘客を目指すみなかみ町とJTBの関係者。左端が深津代表理事、左から3人目が鬼頭町長=東京都内のホテルで

写真

 みなかみ町観光協会と大手旅行会社JTB(東京)は「第1回雪合戦 Asia Cup INみなかみ」を同町藤原の水上高原ホテル200で28日に開く。台湾や中国、ベトナム、シンガポール、インドネシアなどから8チーム約80人が参加。「雪」に関わる観光をみなかみでも楽しめることをアピールし外国人観光客を呼び込む起爆剤にする狙いだ。 (渡辺隆治)

 中国を中心にアジアからの観光客は、日本の「雪」への関心は高い。現在は北海道や長野県へのスキー客が中心だが、冬の訪日観光の市場拡大を目指すJTBは気軽にできて団体で盛り上がれる雪合戦に注目。大会の会場として、東京から近く、町内に九つもスキー場があり、「みなかみ十八湯」と総称される温泉資源にも恵まれたみなかみ町に白羽の矢を立てた。

 参加者はJTBがアジア各地の支店のホームページなどを通じて募集した。JTBは第二回以降も毎年開催し、将来的にはワールドカップ(W杯)化して国内各地で予選を行い、決勝をみなかみ町で行う構想も持っている。

 競技は公式ルールを踏まえ、初心者でも楽しめるように独自のルールで行う。

 コートは長さ三十六メートル、幅十メートル。一チーム七人の選手が一セット三分間の三セットマッチで対戦する。事前につくった直径六・五〜七センチの雪玉を一セットで九十個投げ合う。雪玉に当たった選手はコート外に出る。雪玉をかわして敵陣に立つ旗を抜けば勝ち。時間内に抜けない場合は、残った人数が多いチームの勝ち。

 都内のホテルで七日に開かれた記者会見で、町観光協会の深津卓也代表理事は「みなかみの雪は質、量ともにトップレベル。雪合戦で雪に親しんでもらい、リピーターになってもらいたい」と希望。鬼頭春二町長は「町もインバウンドに力を入れている。さらに多くの人にきてもらいたい」と期待を示した。

各地で人気の雪合戦。みなかみ町は雪合戦で外国人誘致を目指す=昨年2月、岐阜県高山市で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報