東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

桐生市堀マラソン 参加賞Tシャツ 今年も高橋盾さんがデザイン

世界的デザイナー高橋盾さんがデザインした参加賞のTシャツ=桐生市役所で

写真

 桐生市は二月十日に開催の第六十五回桐生市堀マラソン(市など主催)の参加賞となるTシャツのデザインを発表した。同市出身の世界的デザイナー高橋盾(じゅん)さんが手掛けたTシャツで、力走する選手の姿が描かれている。

 高橋さんは、仏パリ・コレクション常連のファッションブランド「UNDERCOVER(アンダーカバー)」のデザイナー。堀マラソンでは、二〇一四年の第六十回大会から「郷土のために」と無償でTシャツのデザインを担当している。

 今大会のデザインは白地Tシャツに赤系の色で桐生堀マラソンを意味する「KHM」や走る選手、第六十五回大会の「65」をあしらった。一般の部の参加賞として配布する。

 大会は新川公園を発着点とするコースで、ハーフや10キロ、5キロなど計八千六百九十一人の参加申し込みがあった。申し込みは既に締め切っている。(池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報