東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

甘い香り、ロウバイ見ごろ 桐生、来月2・3日祭り

梅田湖畔に咲くロウバイ=桐生市梅田町で

写真

 桐生市梅田町の梅田ロウバイパークで、真冬に咲くロウバイが見ごろを迎えている。二月二、三の両日、第七回ロウバイ祭りが開催され、飲食の屋台などが出る。開催時間は午前十時〜午後三時。

 ロウバイパークのロウバイは、地域住民でつくる「台緑地の自然環境を考える会」が十四年前から植樹。今では三百五十本を数えるまでにもなった。ろう細工のような黄色い半透明の花からは、甘い香りも楽しめる。平日の二十八日も、大勢の人たちが遊歩道を散策し、花をめでていた。

 会の森下清秀代表は「桐生川ダム湖とロウバイがマッチした景観を楽しんでほしい」と話している。パークのロウバイは祭り当日以外も見物できる。花は二月半ばごろまで楽しめるという。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報